Language-翻訳


新着記事


カテゴリー


Link


検索フォーム


ケータイ閲覧QRコード

QRコード

月別アーカイブ


■ Twitter ■

※Twitterが最新情報です(サイドバーをスクロールor記事をスワイプすると遡れます)
※Twitterの下がBlogの最新記事です。140文字では収まりきらない記事はこちらに
※TwitterとBlogの記事の内容が同じ場合があります
※魔木子&鎌田幸美&鷲尾滋瑠の共同Twitterは、発信専用なので基本的に個別返信はしていません。ドール・猫アカウントは気まぐれに返信することあり
※フォローはするも外すもご自由になさってください





 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
■04/28発売■
ぶんか社刊…Lady's Comic雑誌:まんがグリム童話(通称)
『いちばん残酷なグリム童話:2011年7月号』
★魔木子:『江~魔王の燠火~』 新作(第3回目/短期集中連載:全6回)
江03
※5月号(3月)~10月号(8月)の6回、毎月掲載です。
※出版社やネット書店での通販・一般書店・コンビニなどでみかけましたら、よろしくお願いいたします

【お知らせ】

単行本『江~魔王の燠火~/上巻』
6月17日発売予定です。
今回はグリム文庫ではなく、ぶんか社コミックスです。
見本が届きましたら、改めてお知らせします。
江~単行本上巻
スポンサーサイト
 
■発売中
ぶんか社刊…Lady's Comic雑誌
『ほんとうに怖い童話:2011-7月号』
★鎌田幸美:『ハーメルンの笛吹き男』 新作
ハーメルンの笛吹き男
※一般書店・ネット書店・コンビニなどでみかけましたら、よろしくお願いします。

今回、鷲尾はネズミ地獄に堕ちました。
100匹以上描いています。
96匹までは数えていたのですが、その後も増えて計測不能に…(^▽^;)
お気に入りのおネズは……探してください。

中盤で出てくるメガネみ~さんですが、本来のコブラは、ああいう動き方はしません。
(立ち上がらないとフードは開かないし、笛に操られてダンスをするわけでもないし…)
ですが、そこはそれ、あくまでも実在しない『めるへんわーるどのイキモノ』ということで、笑っていただければ…幸いです。
 
先月以来、ず~っと昼夜を問わずお絵描きしていたために、春薔薇の開花ラッシュに追いつけず、微妙にベスト状態を逃しています。
それでも、水やり時にささっと撮影。
故に撮影時間は主に早朝か夕方。

■青龍
青龍2011春-玄関01 青龍2011春-屋上01
ウチの青薔薇のなかでは最古参。
温室で甘やかすのをやめて屋上と玄関先に分けて野晒しにしたけど、元気に開花。
青龍は自分的には『特別』な薔薇。
薔薇栽培を始めるきっかけになった品種ですから。

■ターンブルー
ターンブルー2011春-半温室01 ターンブルー2011春-半温室02
枝の細さの割に花が大きくて毎回俯き加減。
う~ん、時期を逸して完全に開き気味( ̄_ ̄;)
視覚的には青龍よりも青みが濃くなることもあり。

青龍もターンブルーも、安価なコンデジでは色の完全再現は無理でしょう。
高性能なデジイチが欲しいところだけど、使いこなせずに宝の持ち腐れになるのは目に見えてるので、手出しはしないでおきます(^▽^;)

■カブリエル
ガブリエル2011春-屋上02 ガブリエル2011春-屋上01
ガブちゃんも枝が細くて大きめの花が咲きます。
同じヘブンシリーズの『ルシファー』ももうじき開花するはず。


これ以上は長くなるので『続き』で↓
 
すでに発売されていますが、再録雑誌のお知らせです。
似た誌名ですが、それぞれ版元が違います(^▽^;)
一般書店・ネット書店・コンビニなどでみかけましたら、どちらもよろしくお願い致します。
出版社の通販でも入手可能です。

■発売中
ぶんか社刊:Lady's Comic雑誌
『波瀾万丈の女たち:2011-7月号』
★魔木子…『奇談夜話:その七』再録
波瀾2011-07

■発売中
メディアックス刊:Lady's Comic雑誌
『泣ける波瀾万丈女の劇場:2011-7月号』
★魔木子…『愛のレッスン』再録
愛のレッスン

+ + + + + + + + + +

【近況】
今月の〆切り3本……なんとか乗り切りました。
来月も頑張ります。
 
【近況】
ただいま,今月に入ってから3作目の漫画の仕上げ作業中です。
…がっ、頑張ります(^▽^;)

以下は漫画の仕上げ道具についての雑談。

漫画の仕上げ作業に使う道具に『バーニッシャー(イレーサーとも)』があります。
簡単に言えば、切り取ったトーンを原稿に擦り付けて密着させるヘラです。
メーカーによって形状や素材は様々ですが、私(鷲尾)は上京以来、ずっと同じものを使い続けてきました。
つまり、アシを始めた時から今まで愛用しているということです。

先日、たまたまネット通販で見かけて20余年ぶりに新品を手に入れて、ビックリ。
愛用のヘラの尖端がとんでもなく擦り減っていた事に気がつきました。
バーニッシャー01 バーニッシャー02

真横から見ると、差は歴然。
バーニッシャー03 バーニッシャー04
原稿の線、透けて見えるし……。
実際、指で触ってみると、スッパリ切れそうな薄さになっています。
うーん、凶器レベルかも!?
まあね、ずっと使い続けて来たから仕方ないか(^▽^;)

愛用ヘラはお疲れさま…というわけで保管し、今月の仕事から新品を投入。
手に馴染むまでは使い心地が微妙に違う気がすると思うけど、基本的に使い勝手はいいヘラなので、また薄くなるまで使い続けたいな…と。

私は擦った時に弾力のあるものが好みなのでコレを使っていますが、逆に硬いヘラが好きな人もいます。
どのメーカーのものが使い勝手がいいかは、人それぞれ…ってことでしょうね。
だから、あえてオススメはしません。
自分でいろいろ試して、快適なモノ選ぶのが最善かと。

魔木子や鎌田は違うヘラを使っています。
うちは三者三様が基本。
仕事道具については、それぞれ使い勝手のいいものを愛用してます。
以前にも書いたけど、丸ペンの先が最も顕著です。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。