Language-翻訳


新着記事


カテゴリー


Link


検索フォーム


ケータイ閲覧QRコード

QRコード

月別アーカイブ


■ Twitter ■

※Twitterが最新情報です(サイドバーをスクロールor記事をスワイプすると遡れます)
※Twitterの下がBlogの最新記事です。140文字では収まりきらない記事はこちらに
※TwitterとBlogの記事の内容が同じ場合があります
※魔木子&鎌田幸美&鷲尾滋瑠の共同Twitterは、発信専用なので基本的に個別返信はしていません。ドール・猫アカウントは気まぐれに返信することあり
※フォローはするも外すもご自由になさってください





 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
■11/29発売
ぶんか社刊…Lady's Comic雑誌
『まんがグリム童話:2014-1月号』
(正式名称:いちばん残酷なグリム童話)
★魔木子…『妖八犬伝:#9』新作:不定期連載中
妖八犬伝#9
今回は、『妖八犬伝』の他に、『夢魔#1:インキュバス』と『夢魔#2:スキュバス』も掲載されています。
『夢魔』は、かなり昔の、1980年代末〜1990年代頭頃に描いた作品だった気が…(^^;)

一般書店・ネット書店でみかけましたら、よろしくお願い致します。
電子書籍版もあります(iPhone:iPad:Android端末対応)
詳しくは『まんがグリム童話公式サイト』または『App Store』でアプリの検索をしてください。
スポンサーサイト
 
最近多いお問い合わせにお答えします。
今後の予定についての個別返信は、基本的に行っていないので、お返事はこちらで。

【『うらめしや』の単行本の続刊について】
魔木子の単行本(紙媒体書籍・電子書籍)を購入してくださった皆様、どうもありがとうございます。
『うらめしや:第20巻』めの発売日は、現時点では未定です。
今まで描いた分は既刊の19巻めまでに収録されているので、まだ原稿が全然溜まってないんです。
『うらめしや』の新作は、来年描かせて頂く予定です。
来月末頃発売予定の『Jourすてきな主婦たち』には『うらめしや外伝かごめシリーズ』の新作が掲載予定です。
『かごめ』は、続柄としてはお妖さんの曾孫にあたります。今後、お楽しみな展開があるかも〜?
こちらも本編共々よろしくお願いします。
 
■11/21発売
ぶんか社刊…Lady's Comic雑誌
『女の残酷史(まんがグリム童話増刊)』
古城の女イザベッタ
★魔木子…『古城の女イザベッタ』再録

各種書店・コンビニ等でみかけましたら、よろしくお願いします。


【近況】
漫画の仕事を1本終えて日常生活に戻ったら、雑役が溜まりまくっていました。
小説のプロットをぼ〜っと考えつつ夕方に買い物に行ったら、スーパーの投げ売りタイムだった。
デパ地下なのに、お刺し身が安い。対面販売のお総菜も。
わ〜い、ラッキー♪
…っと思った途端、ぼんやりと浮かんでいた使えそうなネタが、す〜っとかき消えた。
えっ? えええ〜!!?(゚〇゚;)
コレって、得したんでしょうか、それとも…(--;)

いや、ソレを考えちゃダメ。
またきっと浮かんでくるわ。多分…。
ちなみに、お刺し身もお総菜も美味でした。
 
突然ですが、魔木子・鎌田幸美・鷲尾滋瑠の共同Twitterのユーザー名変更に伴い、URLが変更になりました。
ブラウザで閲覧されている方には、旧ユーザー名のURLだと『エラー』や『存在しません』と表示されているかと思います。
【新→https://twitter.com/Tiger_D_S】
フォローはなさらずともブラウザのお気に入りやブックマークに入れている方がいらっしゃいましたら、お手数かけて申し訳ありませんが、変更をお願いします。

Twitterには、お仕事関連の最新情報の速報や他愛もない近況などを記しています。
Blogよりも先に情報を記載していることが多いので、こちらもチェックしていただけますと幸いです。
 
■11/15発売
双葉社刊…Lady's Comic雑誌
『ミステリーJour Special:113集』
★魔木子…再録『うらめしや外伝:かごめシリーズ特集』
収録…『東雲家の呪い(前後編)』『葛城家の魔女』
ミステリーJour special2013-12
※各種書店にてみかけましたら、よろしくお願いします。
単行本かごめ1-cm
『うらめしや外伝かごめ〜大正妖怪綺譚〜:第1巻』2014年1月に単行本にもなります。
今回の傑作選に収録されていないお話も収録されますので、こちらもよろしくお願いします。

■11/16発売
ぶんか社刊…Lady's Comic雑誌
『波瀾万丈の女たち:2014-1月号』
★魔木子…再録『雪華菩薩』
※各種書店にてみかけましたら、よろしくお願いします。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。